出店者さんがお気に入りの本を一箱に詰め込んでご紹介する、それが「一箱古本市」です。 本が大好きな方、掘り出し物を見つけたい方、どんな方でもウェルカム。ハロウィンも近いので、仮装した出店者がお迎えするかも知れません!? ぜひぜひお誘い合わせの上お越しください!


第7回 佐倉城下町一箱古本市

2018年10月28日(日)11:00〜16:00

会場:おもてなしラボ(千葉県佐倉市新町168)




佐倉城下町一箱古本市


◆出店者様一覧◆


こぶんこ

姉妹で出店します。姉は絵本&児童書、妹は動物&自然関係担当。立ち読み大歓迎です。

成田スローダウン

JR成田駅西口歩いて5分のところで、ほそぼそと小さなブックカフェを営んでおります。

呉織(くれはとり)

佐倉市で和服販売をしている「呉織(くれはとり)」です。年に2回ほど本屋さんになります。和装関係の本はもちろん、ハロウィンならではの怖い本もあるかも?(店主は怪談や妖怪が大好きです!)

kamebooks

亀好き店主の本屋です。亀がのんびりと日向ぼっこするように、のんびりとしたくなるような本を並べます。お気軽にお立ち寄りください。

一夜文庫

眠りにつく前の読書を愛する店主による趣味の本屋。 おやすみ前にのんびり読めるような一冊をご紹介できたら嬉しいです。 今回はハロウィンの夜にぴったりな、 ちょっぴり怖~い本も持っていきます。

本屋livre et
文芸、実用書、語学書、洋書といった、店主の得意なジャンルを揃えて、 初の古本市出店に臨みたいと思います!

古本Plava Stablo

生活・エコロジー・その他 いろいろ自宅に眠っている蔵書を出品いたします。 また今回も、私が海外の旅先で撮影した写真を収録した 自作豆本を販売いたします。 ぜひお手に取ってご覧いただけると嬉しいです。

雨の実

仮装に負けない素っ頓狂な本をたくさん用意したいです。 とってもたのしみ!

RAINBOW BOOKS

毎年仮装にギリギリまで悩みますが、 今回はもう決まっているので大丈夫です。 古本の他に今夏に出しました漫画集を販売するのに ふさわしい仮装をいたします。 どーぞヨロシクお願いいたします。

筋肉ピーチ味

お引越しで整理した文庫類や某スナイパー漫画を持っていきます。 仮装は土偶。ベンガル文字サービスもあるかも。

出張ときわ書房

志津駅前の本屋、ときわ書房が またまた佐倉城下町一箱古本市に出店します! 今回は只今当店にて開催中の『本と人間』フェアを そのままおもてなしラボへ持っていきます。 本にまつわる人々ってこんなにおもしろい! お待ちしております。 尚、仮装は今年もあんまり期待しないでください。

秘蜜屋

古本市なのでハチミツではなく古本を売ります。 実家から(母が捨てると言っている) 亡き父の蔵書を持ってくるので「ブンガク」です。 養蜂家の仕事着では仮装にならないですかね? 白魔道士に見えなくもないと思うのですが。

紙芝居師もっけの店「食文庫」
山形県鶴岡市から、街頭紙芝居師のもっけが、自転車漕いで、 「食の本」を担いでいきます。本を読んだら食べたくなる、 食べながら読みたくなる食のエッセーなどを出品します。

うさぎのあなぐら

耽美幻想文学その他店主のお気に入りしか置かない変な本屋さん。 2016年から年に1回発行しているZINEも、今年で3冊目になりました。 最新号はこの日発売!!本好きの方に読んでもらいたい冊子です。 今回は試験的企画を考えています。 その名も「本のお医者さん」詳細は別途告知いたします!

スクエアブックス
写真の本を中心に出店いたします。

seaslugs

仮装してスタッフしながら本も販売します! よろしくお願いいたします!

  佐倉城下町一箱古本は、2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行われている
「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考に開催します。


佐倉城下町一箱古本市
Twitter Facebook

周辺の見どころ

旧堀田邸(佐倉市鏑木町274)

武家屋敷

最後の佐倉藩主・堀田正倫が、明治維新後に移り住んだ邸宅です。明治23年(1890)の竣工で、当時の上級和風住宅の特色がみられます。庭園とともに残された旧大名家邸宅は、全国的にも貴重なものです。(国指定重要文化財)

城跡公園(佐倉市城内町)

武家屋敷

門などの建物は明治初期に取り払われましたが、大手門跡から西の台地が城跡公園として保存され、水堀、空堀、曲輪などに往時をうかがえます。園内は佐倉、牡丹、梅、菖蒲など四季折々の花の名所で、3月初め頃は梅が咲き始めています。

佐倉市立美術館(佐倉市新町210)

武家屋敷

佐倉と房総ゆかりの作家の作品を中心に収集・展示し、日本の近代美術も紹介しています。また、企画展やワークショップなどを開催するほか、市民に作品発表の場も提供しています。

武家屋敷(佐倉市宮小路町57)

武家屋敷

土塁や生垣にも城下町の面影が残る武家屋敷通り。かつて佐倉藩士が暮らした旧河原家住宅(県指定文化財)・旧但馬家住宅(市指定文化財)・旧武居家住宅の3軒が公開されています。屋敷の規模や様式は、藩士の身分によって異なります。

お問い合わせ先

佐倉城下町一箱古本市実行委員会
  hitohakosakura@gmail.com