佐倉城下町一箱古本市は、城下町の面影が残る佐倉市新町で開催される、
人と人、人と本との出会いを楽しむブックイベントです。
ぜひ、城下町散策を楽しみながら、一箱古本市をお楽しみください。


第5回 佐倉城下町一箱古本市

2017年10月21日(土)10:00〜16:00

会場:おもてなしラボ)




佐倉城下町一箱古本市


一箱古本市出店者募集中

出店をご希望の方はメールでお申し込みください。詳細については、折り返し返信いたします。

出店料:700円  会場:おもてなしラボ  申し込みメールアドレス:seiseidobooks@gmail.com

  佐倉城下町一箱古本は、2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行われている
「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考に開催します。


佐倉城下町一箱古本市
Twitter Facebook

周辺の見どころ

旧堀田邸(佐倉市鏑木町274)

武家屋敷

最後の佐倉藩主・堀田正倫が、明治維新後に移り住んだ邸宅です。明治23年(1890)の竣工で、当時の上級和風住宅の特色がみられます。庭園とともに残された旧大名家邸宅は、全国的にも貴重なものです。(国指定重要文化財)

城跡公園(佐倉市城内町)

武家屋敷

門などの建物は明治初期に取り払われましたが、大手門跡から西の台地が城跡公園として保存され、水堀、空堀、曲輪などに往時をうかがえます。園内は佐倉、牡丹、梅、菖蒲など四季折々の花の名所で、3月初め頃は梅が咲き始めています。

佐倉市立美術館(佐倉市新町210)

武家屋敷

佐倉と房総ゆかりの作家の作品を中心に収集・展示し、日本の近代美術も紹介しています。また、企画展やワークショップなどを開催するほか、市民に作品発表の場も提供しています。

武家屋敷(佐倉市宮小路町57)

武家屋敷

土塁や生垣にも城下町の面影が残る武家屋敷通り。かつて佐倉藩士が暮らした旧河原家住宅(県指定文化財)・旧但馬家住宅(市指定文化財)・旧武居家住宅の3軒が公開されています。屋敷の規模や様式は、藩士の身分によって異なります。

お問い合わせ先

佐倉城下町一箱古本市実行委員会
  little.help2.0@gmail.com